投稿者「masterad_thebridgeproject」のアーカイブ

友人が請求書などの会計資料で悩んでいたので、文京区の税理士事務所を勧めた

会計の処理で困ったことはないでしょうか。
会計処理はなれていない人には正直、理解が難しいかもしれません。
非常に専門的な世界で、表記の仕方も独特です。
こうしたものは日頃の文章を読んでいる人だと、なかなか理解していくのが困難かもしれません。
そこで税理士事務所に仕事を任せてみましょう。
彼らは会計の世界のプロフェッショナルです。
難しい資料を理解することはもちろん、作成していくことも出来ますので、とても頼りになります。

会計は任せたほうが早いし確実

会計処理を税理士事務所に任せるのではなく、自分でやったほうが良いのではないかと考えている人もいるかもしれません。
確かに、税理士を雇うにはお金がかかります。
そのことを考えていくのならば、自分でがんばって勉強すれば、余計な出費が増えなくてお得だと考えるのも分かります。
ですが、会計を理解していくことは簡単ではありません。
日頃の生活では全く聞かないような難しい単語がたくさん出てきます。
また、正しく処理を行っていくためには税金の知識も必要になってきます。
こうした知識が正しくなければ適切な会計処理が行えません。
さらに、税務処理は通常とてもたくさんの項目を処理することになります。
非常に多くの資料やデータを扱うことになりますので、必然的にミスも起こりやすくなります。
そうした時に素人ですとミスをしても気が付かないケースもあり、後で痛い目にあってしまうかもしれません。
しかし、専門家ならばこうしたミスがとても少ないので安心できます。

税金のことは中学教師ではなくて税理士に聞いたほうがいい

税金のことに困ったならば誰に聞いたらよいのでしょうか。
友人はこうした時に、知り合いの中学教師に尋ねていました。
確かに中学教師も先生と呼ばれていますし、算数の知識は豊富にあることは確かです。
ですが、彼らが税務の仕事に携わるようなことをすることはありません。
彼らの仕事は、教育課程に沿った講義を子供達にすることです。
残念ながら多くの中学教師は税金等を扱う税務について、あまり特別な知識をもっているケースは少ないのが実情です。
そこで文京区の税理士事務所を勧めました。
彼らは税務の専門家です。
請求書等を見ていくことは日常業務になりますので、とてもスムーズで、かつ正確に処理をしていくことが出来ます。
やはり専門的な分野に関しては、専門家に任せることが一番でしょう。

もしも税金に関して名や身軽のならば、中学教師ではなく税理士に尋ねてみると良いです。
きっと専門家ならではの知識であなたの業務の手助けをしてくれること間違いありません。

デジタル遺品の適切な対策を授業で取り上げたい

インターネットの普及によって、多くの人がその良い点を享受するようになってきています。
ただし、いい影響だけではなく悪い影響も受けてしまうことになるので、使い方には十分注意していかなくてはなりません。
若い時からインターネットを使用する以上、情報の扱い方などについて若いうちからきちんと意識していくことが重要でしょう。
インターネット上に出す情報、あるいは自分でパソコンなどに保管しているものの取り扱い方などについて学んでおく必要があるといえるでしょう。

SNS世代は特にデジタル遺品が多そう

どのような年代の方でもデジタルツールやインターネットの利用は避けて通れないものではありますが、特にSNS世代はその利用の度合いが大きくなっていきます。
今はまだ若いですが、今後長く生きていく中で様々な情報が自分の周囲に蓄積されていくことになりますから、その影響もより大きなものになっていくはずです。
デジタル遺品も利用の多さに伴って多くなっていくことでしょう。
生きていく中で写真や情報として自分の情報を残していくという事も多くなっていますが、亡くなった後にそれらをどうするかという事も重要なポイントとなっていきます。
今のうちから確実に蓄積されているものをどのように整理利用していくか、不要なものをどう処分して安全に利用するか、亡くなった時の処理の仕方はどうするかということなどについて考える必要があります。
デジタル遺品が多そうなSNS世代は今のうちからこうした点について学んでいく機会が必要になるといえるでしょう。

インターネットの使い方に注意

デジタル遺品の取り扱いについてはもちろんですが、インターネットの使い方にも注意が必要となります。
他の人に対して公開した情報は自分でコントロールすることが難しくなっていき、意図しない形で拡散していくという事もあるからです。
若い方はどうしても便利さや新しいことに興味を持ちやすくなります。
それは非常に良いことでもあるのですが、同時に危険にも接しやすくなるということが言えます。
今現在だけではなく、将来にわたってどのような影響があるかという事も考えていかなくてはならないのです。
この点が若い方にとって難しいポイントと言えます。大人の側から情報提供していかなくてはなりません。
便利な使い方を知るという事だけではなく、適切に使用して悪影響をできるだけ少なくできるようにしていかなくてはなりません。
そのためには、若いうちから学校の授業などで使い方や対策についてどのようにしていけばよいのかという事を学ぶ機会を設けることが必要なのではないでしょうか。


豊胸手術を受けたいという生徒…未成年は大丈夫?

バストは大きさよりも形の方が重要ではないかと思いたい方ですが、小さなバストで悩んでいる女性ならやっぱり大きいことが重要なのかもしれません。
でもまだ未成年なのに豊胸手術を受けたいなんて相談されてしまい、突然のことで非常に困ってしまいました。
未成年でも女性は女性、自身にとってとても大きな問題だというのは分かりますが、どう答えて良いのか思い浮かばず頭が真っ白になったのです。
こんな質問をされて即答できる人っているのでしょうか。

生徒に相談されたものの…

ずっと暗い顔をしている生徒だったので、気になって放課後残ってもらい相談室で向き合いました。
なんでも相談してと言ってしまった後に「豊胸手術を受けたい」だなんて、教師として何と答えていいのか言葉が出ませんでした。
けっこう沈黙が続いたと思います。
未成年だしメスを入れるのは待てと、自分がその子の親ならそう言うと思います。
でも話を聞くと、母親はやりたいのならやっても良いと言っているから驚きました。
その子が心配し悩んでいるのは、急に胸が大きくなったら周りの反応が怖いので迷っているという事らしいのですが、そういう問題ではないと私は思いました。
とりあえず先生がお母さんと話してみると約束し、その日は帰宅させました。
その直後に私は医療機関に勤務している友人に連絡を取り、未成年の豊胸についてあれこれ聞きました。
それによると、今は未成年でも手術することもあるそうですが、できれば成長が止まるまで待った方が良いという事でした。

保護者との相談の結果待ち

日を改めてその生徒の母親と相談しました。
事の経緯を話すと、母親はあっけらかんと「胸は大きい方が良いでしょう」と手術に反対はしていないようでした。
そこで私が医療関係者の意見はこうですと伝えると、他にもやっている子がいるならうちの子がやっても良いはずだと言いました。
そしてその時はいじめとかないように先生よろしくお願いしますと言われてしまったので、困ってしまいました。
そもそも、なぜ手術を受けたいのか、そこが重要なので本人に確認を取るとモデル事務所のオーディションを受けたいと言い出しました。
理由があるし親も承諾している、後は私の問題なのかと責任を感じてしまいました。
ところが、数日して今度は生徒の父親から連絡があり、手術なんて絶対反対なので学校で止めてくださいと無理な相談をされてしまったのです。
この親子は家庭内で話し合ったりしないのだろうかと疑問を持ちました。
とにかくバラバラに話を聞いても始まらないので、保護者である両親を呼んで、私との3者面談で話し合ってみることにしました。
その結果を見て生徒ともう一度話してみます。


給食センターにあった浮上油回収装置

中学の教師をしているので、給食のことは日常の中に完全に溶け込んでしまっていて新しい学びがあることには全然気がつきませんでした。
浮上油回収装置が給食センターで使われていることをひょんなことから知ったのですが、今まで全く気にもとめたことのない装置だったのでどんな装置なのか詳しく知りたくなってきてしまいました。
毎日大量の調理をこなしていく中で、油の使用も当然大量に使われることでしょう。
当然排水と一緒に油を流すことはできないので専用の装置が必要になってくるのです。

油ごと流さないための工夫らしい

教師として環境に配慮した社会の構築というテーマには関心がありました。
この浮上油回収装置はどんな所で使用されているのかというと食品の加工工場であったり、社員食堂、大型レストランそして給食センターとなるわけです。
構造としては流れ込んできた排水の油を油排出装置から排出するようになっています。
水位の変動にはフロートを利用した装置によって変化していく水位に対応していくことで浮上油の回収効率を上げているのです。
この装置の取り扱い自体はとても簡単でスイッチのオン、オフの切り替えのみとなっているので誰にでも操作できるようになっています。
微生物資材などの投入の必要はなく、物理的に油分を処理していくだけなのでメンテナンスの点においても優れていると感じました。
一般家庭においてもこういった装置が普及してくれば環境問題の改善にもつながっていくのではないかという思いもあります。
少しの量だからといって料理の後の油を排水に流してしまう人は結構いるのではないかと思っているので是非普及してほしいものです。

社会科見学の材料は意外と近くにあるのかもしれません

給食センターに限らず、食品の加工工場などでも採用されている装置であることを知り、環境に対する素晴らしい取り組みというものは今まで知らなかったところでも常日頃行われているということはとても勉強になりました。
学級における社会科見学においてもカリキュラムの一貫として浮上油回収装置のことを知ることは有意義なことと思われます。
社会科見学というものは大体毎年決まった場所を見学することになっていて、新しい要素はあまり取り入れられることはありません。
その一方で環境への配慮などは、世界基準の規制が厳しくなっていくにつれてより効率良く行えるように進歩してきているのです。
こういった取り組みについてもこれから大人になっていく中学生には是非学んでほしい課題であると強く感じました。
エコという取り組みはエコキャップなどで学校活動として取り組んでいるところもあります。
これからますます環境に対する配慮というものは重要になってくるに違いないのでしっかりと身につけてほしいものです。

水漏れの原因はサッカーボール!?

先日は学校で生徒たちが屋内サッカーをしたことが原因で蛇口から水漏れが止まらなくなるという事件が起きました。
簡単なことで発生してしまうもので、応急処置で水漏れの被害は抑えられたものの、修理は業者に依頼して行ったので修理費用がかかりました。
また、水だらけになった廊下の後片付けが必要になるなど授業にも影響が出てしまう問題です。
子供なので昼休みに体を動かしたいと思うのは理解できますが、再発しないように注意しました。

学校の蛇口から水漏れが止まらない!

生徒に呼ばれて様子を見に行くと廊下が水だらけになっており、原因を調べると学校の蛇口で水漏れが起きていました。
生徒たちも止めようと蛇口を閉めていましたが、問題はそこではありませんでした。
よく見ると水栓柱が傾いていたので、それで水漏れが止まらなくなっていると推測はできましたが、自分では修理の方法が分かりません。
水漏れを早く止めないと廊下がさらに水だらけになってしまうので、以前に自宅の水漏れに対処したときの経験から応急処置で止水栓をしめて水を止めることができました。
しかし、そのままにしていると蛇口が使えなくなってしまうので急いで水道の修理業者に依頼をしました。
その後、あまり時間もかからずに業者の人がきてくれました。
修理をしてもらい、原因を説明してもらったところ、水栓柱が傾いているだけでなく給水管も破損していたそうです。
学校の負担ですが修理費が高くなり、授業にも影響が出たので対策が必要だと思いました。

原因は生徒たちの「屋内サッカー」…もちろん厳重注意です

何が原因で水栓柱が傾いてしまうのか修理業者に聞いてみたところ、頑丈そうに見えて簡単に曲がってしまうので、強い衝撃があるとこのような状況になることは考えられ、老朽化によるものではないとのことでした。
そこで周囲の状況を調べてみると、壁にサッカーボールがぶつかった跡が付いているのが見つかりました。
翌日になって生徒たちに聞き取りを行うと、雨で校庭が使えなかったため廊下でサッカーをしており、そのときにサッカーボールがぶつかって水漏れが起きたということです。
サッカーをしていた生徒も分かったので厳重注意をしましたが、当事者だけでなく周りで見ていて止めなかった生徒にも問題があります。
そのため、再発しないように生徒全体に屋内サッカーが原因で水漏れが起きたことを伝え、そもそも人にぶつかる危険性もあるので屋内でサッカーをしないように注意しました。
子供なのでまた繰り返す心配もあり、教師の間でしばらくは見回りをすることにしました。

ベビーシッターの料金は安くならないのか

自分が子供のころはベビーシッターの存在は知っていましたが、せいぜい赤ちゃんのお守りを親が留守にしている間のちょっとした時間にだけ行うという程度の認識しかありませんでした。
料金がどの程度かかるかについても当然のごとく良く知りません。
時給換算なら弁護士に相談するよりはましだろう程度の認識です。
しかし、周りにいる同僚や友人たちの話を聞くうち、ベビーシッターに関する情報を調べるようになり、料金が少し高いように感じました。

ママさん先生が大変そうで…

中学校にいる同僚の先生の何人かや友人には子育て中の人が何人かいます。
自分も決して他人ごとではなく、保護者の人にも中学生より年が若い小学生や幼稚園・保育園に通っている子どもがいたり、赤ちゃんがいる方もいらっしゃるのです。
今後の参考にしようと同僚や友人に話を聞いてみることにしました。
中には、ベビーシッターを定期的に雇ってお守りを頼んでいる人もいて、話を聞くと大変そうです。
誰に頼めばよいのか迷うという悩みもあるようですが、まずは誰に頼むのかを抜きにしてもそもそもの値段が高いようです。
彼女たちや彼たちはたいてい時給で来てくれるのですが、そもそもその時給が高いのです。
家庭教師や塾講師ほど高くはないのですが、時給で1500円以上するのが一般的です。
時給で2000円以上というのも珍しいことではないようです。
家庭教師や塾講師の場合はせいぜい2時間ほどの拘束で済むのですが、ベビーシッターの場合、そのような短時間で済むことはほとんどありません。

国単位で施策が必要

ベビーシッターは、頼むと朝から来てくれることも少なくはありません。
通常は両親が外に出る前に来てもらって、どちらか一方が帰宅するまでお守りをしていてもらう必要があります。
同僚の中には時間制で働いている人もおり、10時から15時ころまで決まったコマ数の講義をして帰られる契約の先生もいます。
このケースで考えてみると、朝出る前の9時までにベビーシッターの方に来てもらい、帰宅が16時ころになるので正味7時間拘束ということになります。
休憩は基本的にありませんので、時給から休んだ分を引くということはありません。
ベビーシッターの方も大変なのですが、頼んでいる方の依頼料金も相当なものです。
仮に時給1500で頼んだとした場合、10000円を超えることになります。
これでは場合によっては中学校で貰える給料を超えてしまうでしょう。
ベビーシッターを頼める環境であるとは思えません。
国単位での施策が必要なのではないかと考えてしまいました。

絵画教室で新しい自分がデビュー!?

新しいことにチャレンジしたいと考えていたところ、社会人でも通える絵画教室の存在を知り、気になっていました。
色々調べてみると思っていたよりも多くの絵画教室があり、それぞれ特徴や雰囲気も異なるので自分に合った教室が探せます。
特に最近は情報誌を見なくてもインターネットで検索すればすぐ評判などが分かって便利です。
ちょうど生徒を募集している絵画教室を見つけたので、今までとは違う自分と出会うつもりで行ってみることにしました。

「ものは試し」で行ってみました

とりあえず絵画教室へ行くことに決めたものの、よく考えてみればちゃんとした絵を描いたのは随分昔のことです。
絵を習ったのも学生時代の美術の時間ぐらいで、ほとんど初心者状態なため、やや不安になりました。
もしかしたらこんな気軽な気持ちで利用するのは他の受講生に迷惑なのではないかとも思いましたが、気にしすぎだったようです。
教室の雰囲気も居心地よく、ここを選んで正解だったと感じています。
予想通り私の描いた絵はひどい出来栄えでしたが、次はどのような点に気をつけるべきかが分かったので前向きに頑張れます。
また絵画というと油絵や水彩画などをイメージしがちですが、今はデジタルでも絵が描けるようなので興味がわきました。
いい刺激になりましたし、経験を積めば成長に繋がっていく予感がします。
様々な視点で観察することの大切さが理解できるだけでなく、一つの作品をきちんと仕上げれば集中力もアップしそうなので今後の仕事にも活かせるでしょう。

未経験でも絵画は楽しめる!

絵画教室というと子どもの習い事や老後の趣味だと考えてしまい、試す前から尻込みしている人もいるのではないでしょうか。
しかし大人になってから絵を描く楽しみを知るケースも少なくないですし、社会人でも無理なく通える教室もあります。
その他にも美大受験やコンクール入賞を目指し本格的に学べる絵画教室もある一方で、未経験者も交えて和気藹々と作品作りと楽しむところもあるため初めてでも安心です。
基礎的な知識などを教えてもらえば、絵画鑑賞にも役立つのではないでしょうか。
学生の頃に美術の授業が苦手だったという人も珍しくありません。
教師側としては頑張って教えているものの、上手に描かなければというプレッシャーが生まれてだんだん苦痛になってしまったという生徒は多いです。
とはいえ本来芸術は人を楽しませてくれるものであり、評価を気にする必要がない絵画教室はそのことを思い出させてくれます。
元々絵が好きな人はもちろん改めて挑戦してみたいという人にもぴったりです。

都賀の金買取ショップで勉強

近年、金が人気を集めていることは、あまり知られていません。
もちろん新聞などをよく読むかネットのニュースをよく見る人、あるいは金融関係の仕事をしている人ならば良く知っているはずです。
金はもともと高価ですが、金を購入する人が多いのは国を超えて価値があるからです。
日本円やアメリカのドルなどは時代によってその価値が大きく異なりますが、金の場合はそれほど大きな変化はありません。
その点をよく学ぶためには、金買取りショップに入り勉強をすることも必要でしょう。

仮想通貨より金が安心?

金買取りショップで働くことになると、基本的な知識を身につけることができます。
普段生活をしていても、なかなか金を手にする機会がありませんが、金買取ショップで働くことになれば日常的に金を手にすることが多くなります。
実際に売却しに来る人の多くは、ある程度のお金持でそれなりの知識を持っている人でしょう。普通に生活をしていれば、わざわざ高価な物を購入することもないからです。
また、賢い人ほど金を購入する傾向がある点も見逃すことはできません。
最近は仮想通貨の問題がニュースなどで取り上げられていますが、もし所有するならば金の方がメリットがあるでしょう。
なぜなら、変動がそれほど激しくないことから所有している間に価値がなくなってしまうようなことが考えにくいからです。しかも、世界各国で利用することができ、持ち運びも可能になりますので実態のない仮想通貨に比べてもメリットは大きいです。
ただ、実際に手に入れるためにはそれなりの先立つものが必要になりますので、その点も計画しておく必要があります。

都賀の友人を尋ねるついでに金買取店へ!

ふだん働いているお店ではなく、別の店に行くことで様々なことを学ぶことが可能になります。
例えば、都賀の友人を尋ねるついでに金買取店へ行くと、自分の店との違いが手に取るようにわかるのがポイントです。
レイアウトなどを見ても学ぶところは多いですが、接客の態度を見ることで自分自身を客観的に見ることが可能です。例えば、デパートの店員のように、すぐにお客さんに話しをかけてしまう人よりも、じっくりと商品をお客さんに見せた方が落着くイメージがあるでしょう。
ですが、お客さんが困っていそうな時には、すかさず声をかけるタイミングも重要になります。金の相場なども思わずチェックしてしまうのも、店員ならではの性といえます。
もし、金をこれから購入したいけどもどうしようか迷っているならば、購入をしておいた方がよいです。
何らかの理由で日本がデフォルトした場合には、日本円は紙くず同様になってしまいますが、ゴールドは無価値になることはまずありません。

PRサイト
金の買取をするなら都賀駅となりの四街道
買取センターGPなら即座に査定で高価買取

通学路にいかがわしい看板が…

中学校の教師をしていると生徒に悪影響を及ぼす可能性のあるものというのは、どうしても気になってしまうところです。
もちろん、法律に反しない範囲での行為は個人の自由ですからルールに従っているのであれば、強く言えない部分もあるのですが、通学路に生徒に悪影響を及ぼす看板が掲げられると看過をすることはできませんでした。
どこでどのような店を営業して宣伝をするのも自由ですが、通学路にいかがわしい看板があると黙って見過ごす訳にはいきません。

学校としては、とりあえず自治体に抗議文を送付

通学路にいかがわしい看板ができていると話題になっていたため、現場を確認してみると確かに中学生には見せられないようなものでした。
最初は風俗店あたりが勝手に掲げた看板なのかと思ったのですが、今の時代そのようなことをすればすぐに問題になりますから、一体どこなのだろうかと思ったところ、どうやらナイトクラブが出しているもののようでした。
ルールに反していたわけではないのかもしれませんが、デザインが中学生には刺激的過ぎますし通学路ということもあって、自治体に抗議文を送付することにしたのです。
このようなことがあると中学校教師としては頭が痛い問題で、教師の立場だと見逃すわけには行きませんし、逆に相手には生活がかかっているわけですから宣伝をする権利があるわけで、それを強くやめさせるように言うのはどうだろうかと悩んでしまうところがあります。
それでも、無視できるレベルではないということで抗議文を送付することになりました。

ただ、デザインはなかなか悪くない看板

抗議文を送付することにはなったものの、個人的には看板は良くできたものだなと感じました。
通学路にあるというのが問題であり、設置されている場所によっては目を引くものがありますし、興味がある人だと行ってみようと思わせるだけの力がありましたから、もったいないという印象を持ちました。
中学校教師の立場で言えば、すぐにでも撤去をしてもらいたいところなのですが、芸術的な側面から見ればこのような表現は尊重されるべきですし、自分にはできないものであるため魅力を感じました。
むしろ、魅力があるだけにいかがわしい看板であったことが良かったのではないかなと思う部分もあるほどだったのです。
もしも、これが抗議できるような内容ではなくそれでいて中学生が興味を持ってしまうようなものであれば、学校側としても抗議をすることができなくなってしまいますから、抗議が出来るだけの余地があるというのはやりやすかったところがあります。
立場が違うと見方も変わりますから、良いものだと感じるときほど辛いことがありますね。

PRサイト
看板製作の事で相談するならこちら
様々な看板のデザインから製作まで看板王国にお任せ

今度は台所の水道が破損。いよいよリフォームが必要か?

先日は自分の不注意で水道水漏れ事故を起こしてしまったのですが、今回は老朽化によって水漏れが起きました。
最近妻が台所をリフォームしたいとアピールしてくるようになり、余計なお金がかかると思って話を聞く度にうんざりしていたのですが、どうやら妻の主張は正しかったということになりそうです。
今回はひとまず修理業者に助けてもらってなんとかすることができましたが、これからも不具合は多発しそうなので色々考える時期に来ているかなと思いました。

妻の悲鳴で目覚めた休日の朝

休日なのでゆっくり寝ていようと思っていたのですが、普段よりも早い時間に目をさますことになってしまいました。
理由は妻が悲鳴をあげたのがきっかけで、最初はゴキブリでも出たのかなと思いウトウトしていたのですが、ドタバタしていて様子が変だと思いひとまず見に行くことにしたのです。
すると、台所から水が溢れた状態で辺り一面が水だらけになっていたのでした。
対処法を知らない妻は必死で溢れる水を手でおさえていたのですが、当然それで止まるわけはなく水はどんどんと溢れ続けていました。
少し前に風呂場で水漏れがあり、その際に修理業者の人に色々アドバイスをもらうことができましたから、それにならって止水栓をしめたところ水はとまってホッとしました。
妻もようやく落ち着いたようでしたが、台所だけにこのままほうっておくわけにも行かず、ひとまず修理業者を呼ぶことになりました。
前回と同様に連絡をしてからそれほど時間もかからず、業者の人はきてくれました。

以前お世話になった修理業者に再び依頼

以前お世話になった修理業者に依頼をしたところ、スタッフの人も前回と同じだったのでこの人だったら安心できるなと思いました。
今回も手際よく作業をしてくれたのですが、老朽化による水漏れということで、時間がたつとまた別の場所から漏れてくるかもと教えられたのです。
最近妻が台所のリフォームをしたいと言ってくるので、いっその事このまま改修工事をしたほうが良いのかなと思ってしまいました。
そのことを修理業者の人に尋ねてみると、予算の問題がなければそれが一番安心と言ってくれたのでお金はかかるものの、リフォームをしようかなと検討中です。
妻としては不幸中の幸いというところなのかもしれませんが、やはりお金がかかるものだけにどうしたものかと思ってしまいます。
リフォームのことに関しては頭が痛いものの、前回に引き続いて迅速に対応をしてくれて、親切にアドバイスをしてくれた修理業者の人には本当に助けられたという思いがあり、複雑な気持ちの一日でした。

おススメサイト
水道の水漏れなど水廻りトラブルが起きたら
水漏れ修理や水道トラブル解決なら住まいる水道サポート