水漏れの原因はサッカーボール!?

先日は学校で生徒たちが屋内サッカーをしたことが原因で蛇口から水漏れが止まらなくなるという事件が起きました。
簡単なことで発生してしまうもので、応急処置で水漏れの被害は抑えられたものの、修理は業者に依頼して行ったので修理費用がかかりました。
また、水だらけになった廊下の後片付けが必要になるなど授業にも影響が出てしまう問題です。
子供なので昼休みに体を動かしたいと思うのは理解できますが、再発しないように注意しました。

学校の蛇口から水漏れが止まらない!

生徒に呼ばれて様子を見に行くと廊下が水だらけになっており、原因を調べると学校の蛇口で水漏れが起きていました。
生徒たちも止めようと蛇口を閉めていましたが、問題はそこではありませんでした。
よく見ると水栓柱が傾いていたので、それで水漏れが止まらなくなっていると推測はできましたが、自分では修理の方法が分かりません。
水漏れを早く止めないと廊下がさらに水だらけになってしまうので、以前に自宅の水漏れに対処したときの経験から応急処置で止水栓をしめて水を止めることができました。
しかし、そのままにしていると蛇口が使えなくなってしまうので急いで水道の修理業者に依頼をしました。
その後、あまり時間もかからずに業者の人がきてくれました。
修理をしてもらい、原因を説明してもらったところ、水栓柱が傾いているだけでなく給水管も破損していたそうです。
学校の負担ですが修理費が高くなり、授業にも影響が出たので対策が必要だと思いました。

原因は生徒たちの「屋内サッカー」…もちろん厳重注意です

何が原因で水栓柱が傾いてしまうのか修理業者に聞いてみたところ、頑丈そうに見えて簡単に曲がってしまうので、強い衝撃があるとこのような状況になることは考えられ、老朽化によるものではないとのことでした。
そこで周囲の状況を調べてみると、壁にサッカーボールがぶつかった跡が付いているのが見つかりました。
翌日になって生徒たちに聞き取りを行うと、雨で校庭が使えなかったため廊下でサッカーをしており、そのときにサッカーボールがぶつかって水漏れが起きたということです。
サッカーをしていた生徒も分かったので厳重注意をしましたが、当事者だけでなく周りで見ていて止めなかった生徒にも問題があります。
そのため、再発しないように生徒全体に屋内サッカーが原因で水漏れが起きたことを伝え、そもそも人にぶつかる危険性もあるので屋内でサッカーをしないように注意しました。
子供なのでまた繰り返す心配もあり、教師の間でしばらくは見回りをすることにしました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP